Get Adobe Flash player

Contact Information

シ-・テ-・高橋株式会社

〒110-0015

東京都台東区東上野2-22-10

PHONE: 03-5818-2651

FAX: 03-5818-2656

C.T.Takahashi & Co., Inc. Seattleは戦前から対日輸出を主体として日米貿易に従事していましたが、終戦後、日本の民間貿易は許されず、わずかに政府間の管理貿易により物資の交流が開始された時米貿易の将来性に着目した弊社創立者C.T.Takahashi(1990年8月没)はシアトル・東京間の連絡事務所を東京丸の内ビル内に開設しました。 その主た目的は正常な民間貿易の再開に備えて情報等の収集でありました。

一方、敗戦により壊滅に瀕しました日本の諸企業に米国の最新の生産技術を紹介し、日本への導入を援助することにありました。 特に製鉄、製紙業界に対しては適切且つ、豊富な情報を伝えると共に、米国軍政当局との間に立って広く意思の疎通に努めました。

昭和24年4月25日に対米単一為替相場が¥360/$と決定され、翌年 1月1日から日本の民間貿易が軌道にのり始め東京連絡事務所は本格的な活動に入りました。

業務は極めて順調に推移し、業績は加速度的に向上しましたので、連絡事務所を発展的に解散し、新たに日本法人のシ-・テ-・高橋株式会社に改組しました。

昭和36年に至り、C.T.Takahashi & Co., Inc.が日本総代理店権を持っていました米国の製紙・パルプ製造機械メ-カ-であるBlack-Clawson社と石川島播磨重工業株式会社殿(IHI)との間に立ち技術技術提携を促進いたしました。 技術提携後、IHIの製紙機械の代理店として国内代理店業務を開始いたしました。

米国機械及び計装機器メ-カ-の日本総代理店業務並びに国内メ-カ-の販売代理店業務も順調に発展し、紙パルプ機械専門商社としての地位を築きました。 事業拡大に伴いメ-カ-と同等の技術力が要求されるようになり、機械課を営業技術部に組織を変更し、試運転及びアフタ-サ-ビス等も独自でおこない技術的なサ-ビスの強化をはかり現在に至っております。

一方、開発部は関連企業であるシアトル店の優位性を生かし、電子・電気機器、発電機用部品、計装品、化学品、等幅広い製品を株式会社東芝殿、三菱電機殿を初め大手電気メ-カ-等々に販売し業務も順調に推移しております。

営業開発部は米国だけではなく英国、ドイツ、香港、台湾、韓国、等からの輸入をおこなっております。

輸入専門商社として少しでも日本経済の発展に寄与できるよう努力いたしております。